脳卒中の特徴

脳卒中とは、限定されるひとつの病名ではなく、脳血管系疾患の総称になります。
脳卒中には様々な種類がありますし、症状も異なりますので、いくつかに分けてまとめてみたいと思います。

 

脳出血の特徴と症状

 

脳出血は、脳内の血管に小さな動脈瘤ができて破れて出血することや、血管そのものがもろくなり、血管が破れて出血する場合が多いです。
細い血管から出血することがほとんどで、一刻を争うという事態になることは少ないですが、放置しておけば周囲の脳細胞がダメージを受け神経細胞などが死滅していくため、体の機能がマヒしたり意識を失うということもありますし、死につながるケースも少なくはありません。
症状の重い軽いにかかわらず、適切な処置をすることが必要になってきますね。
脳出血の症状は、めまいや頭痛、ふらつきや吐き気、マヒといったものが多く見られます。

 

くも膜下出血の特徴と症状

 

くも膜下出血も頭部の出血には変わりはありませんが、脳出血が脳内の血管が破れて出血することに対して、脳の表面を覆うくも膜の下で起きる出血がくも膜下出血になります。
脳出血は細い血管が破れて少しずつ出血するものが多いですが、くも膜下出血は脳表面の太い動脈からの出血になるので、急な激しい頭痛と吐き気、昏倒することも多いです。
脳血管系疾患の中では、とても死亡率が高いものになりますので、早急に救急搬送して適切な処置を行うことが重要になります。

 

脳梗塞の特徴と症状

 

脳血管からの出血ではなく、脳血管が詰まることで起こる疾患が脳梗塞になります。
脳内の血管がコレステロールなどで狭くなり、血流が阻害されるものや、動脈硬化が血管を塞いでしまうもの、また血管内にできた血栓が脳血管で詰まってしまうものと、いくつかの種類があります。
脳梗塞は心筋梗塞と類似しているもので、脳内の血管で起きるものが脳梗塞。心臓の血管で起きるものが心筋梗塞や狭心症ということになりますね。
主な症状としては、体のマヒやろれつが回らないといったことが多く、頭痛を伴う場合もあります。

 

生活習慣の改善と定期的な検査を

 

脳血管系疾患の多くは女性よりも男性の発症率が高く、特に喫煙や飲酒、脂質異常症、肥満、高血圧といったものが引き金になることが多いですね。
女性の場合は、閉経後の発症率が高いという特徴もあります。
男女問わず生活習慣の見直しと、定期的なMRI検査やCT検査などの脳ドックを受けることが予防につながりますよ。