SBIモーゲージ8疾病保障特約

SBIモーゲージは証券・銀行・保険といった金融商品を中心に扱う企業です。
住宅ローンもその一環ですが、8疾病保障特約プレミアムは、住宅ローンに関する不安を軽減してくれるものになりますね。

 

SBIモーゲージ8疾病保障特約の特徴

 

8疾病保障特約プレミアムは、住宅ローン返済中に、万が一、がん悪性新生物や急性心筋梗塞、脳卒中などと診断された場合。
もしくは、高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性すい炎の慢性疾患と診断され、就業不能に陥った場合には、住宅ローン返済を保障してくれるというものです。
また、疾病に関する保障がされているものは多いですが、8疾病保障特約プレミアムは、ケガで入院した場合の保障もされているので、より手厚い保障になっています。
病気やケガで10万円の一時金がもらえるというのも、SBIモーゲージ8疾病保障特約プレミアムの特徴ですね。
保障期間は、その疾病の状況によって変わってきますので、規約を熟読しておく必要はあるかと思います。

 

保険料について

住宅ローンの加入は、5千万円まででしたら申請のみで加入できますが、5千万千以上1億円以下の場合は所定の診断書を提出する必要がありますね。
健康状態によっては、加入できないこともありますのでご注意ください。
とくやくりょうですが、こちらは加入したときの融資金額や加入者の年齢によっても変わってきますので、予め確認しておいてくださいね。

 

実際に8疾病保障特約を使われた方の事例1

Iさんは帰宅中にオートバイに撥ねられ、脚を骨折する重傷を負いました。
幸い命には別条ありませんでしたが、大腿部骨折という大ケガでしたので、しばらく入院する必要があり、長くリハビリ生活を送ることを余儀なくされました。
住宅ローンの返済中でしたが8疾病保障特約プレミアムには、ケガの保障も保障されていましたし、一時金が出たことでずいぶん負担が軽くなったそうですよ。


実際に8疾病保障特約を使われた方の事例2

 

糖尿病で入院加療中のJさん。
まだ長く住宅ローンが残っている最中での発病だったそうです。
治療費に加ええて住宅ローンの負担はとても大きいものでしたが、8疾病特約プレミアムに加入していたため、加療中のローン返済は保障されました。
長期に渡る場合は、ローンそのものの支払い義務がなくなりますし、治療費の足しにできる一時金もありましたので、ずいぶん助かったということです。
慢性疾患は完治が難しいですが、不安も少なくて済みますね。