アフラックの三大疾病保障プラン

白鳥のCMでお馴染みの保険会社、アフラック。
様々なタイプの保健が用意されていますが、日本人の死亡原因の上位を占める、がん悪性新生物、急性心筋梗塞、脳卒中の保証を加えた死亡保険、アフラックの三大疾病保障プランが人気です。
ここでは、がん悪性新生物を例に挙げて見ていきましょう。

 

アフラックの三大疾病保障プラン手続方法

 

アフラックの給付金や保険金の請求は、インターネットでの連絡か電話での連絡になります。
加入している保険証券番号と氏名、治療状況などを連絡すると、手続きに必要な書類が送付されますので、必要事項を記入の上アフラックに返送します。
不備や問題点がなければ、5営業日内に給付金や保険金の支払いがされますよ。
ひとつ注意することとして、がん悪性新生物の保障は、3ヵ月のほど待ち期間があるということです。
保険に加入した直後に、がん悪性新生物の診断を受け、治療が開始されても保障されないということになりますね。

いくら保険が下りるのか

 

がん悪性新生物と診断された場合、具体的にどのくらいの金額が支払われるのかということですが、アフラックの三大疾病保障プランの場合は、200万円になります。
また、がんであっても、悪性新生物以外の上皮内新生物や良性腫瘍、限定されるもの以外の皮膚がんは保障されませんので、確認しておく必要はありますね。

 

同じ症状で2回目は保険が下りるのか

 

がん保険の中には、再発して再び治療が必要になった場合でも保証されるものがありますが、三大疾病保障プランに関しては、がん悪性新生物だけでなく急性心筋梗塞や脳卒中の場合でも、死亡された場合でも保険金の支払いは1回限定になるようです。
たとえば、がん悪性新生物と診断されて保険が下りた後、死亡に至ったとしても、死亡保険金は支払われないということになりますね。

 

三大疾病でリスクの高い方の特徴

 

三大疾病にかかりやすい方の特徴を挙げるのであれば、生活が不規則な方ということになるでしょうか。
年齢が上がるにつれて発症率も上がりますが、喫煙や飲酒、高血圧や肥満といったことでもリスクは高くなりますね。
必ずしも健康な生活習慣を心がけていれば、三大疾病は発症しないということではありませんが、改善すべき点があるならば見直しておくことも大切だと思います。
アフラックの三大疾病保障プランは、保障限度が決まってしまっているものですが、保障される内容の幅は広いので、万が一のときに備えておくには最適ですね。