急性心筋梗塞

心疾患の中でも死亡率が高い急性心筋梗塞。
本人も気づかないうちに病状が悪化していて、突然心臓発作に襲われるということも多いです。


急性心筋梗塞とはどんな病気か

 

心臓は、全身に血液を送るポンプのようなもので、動脈へと血液を送り出し、全身を巡って静脈から心臓へと戻ってくる構造になっていますね。
心筋梗塞は、この冠動脈が詰まったり狭くなってしまい、血流が阻害されることで心筋が壊死を起こしている状態のことを指します。

 

急性心筋梗塞の症状

 

心筋梗塞の症状は、主に歩いた時や階段を上ったときなどに息切れがしやすい。
ちょっとしたことで動悸がする。といったことが挙げられます。
この時点で心電図や心臓超音波検査、冠動脈造影検査、心臓カテーテル検査などを行うと、病変部位や病状を特定することができますし、早期の治療が可能です。
ですが、急性心筋梗塞は初期症状には気がつかず、心疾患があることさえ知らずに急な心臓発作に襲われることが多く、対処法が解らずに命に関わるということも少なくないのです。

 

心臓発作に襲われたらどうする

 

心筋梗塞の発作は特徴的です。
心臓発作は胸が痛いと思われがちなのですが、実際には胸部を強く圧迫される感じに近く、背中へ突き抜けるような痛みを伴うことが多いです。
胸を前後から挟まれて押しつぶされるような症状になりますね。
また、呼吸が不安定になり冷や汗や顔色も蒼白になりますし、意識を失うこともあります。
狭心症でも同じ症状が起こりますが、狭心症の方が症状が軽く15分以内で発作が治まることに対して、心筋梗塞は長時間に渡って発作が続きます。
患者自身も周囲の方たちも、危機感を覚える状態であることは一目瞭然ですから、一刻も早く救急搬送することが重要になります。

急性心筋梗塞の治療法

 

心筋梗塞の場合、壊死してしまった心筋自体を治療することはできません。
いかに壊死の範囲を最小限に留めるのかが大切になってきますので、早急な治療が必要ですが、発症直後には投薬治療や酸素吸入など安静にしておくことが必要で、病状が安定するまで外科的処置はできないことが多いです。
病状が落ち着けば、血管の狭窄や閉塞を広げるためのカテーテル治療や、健康な血管を閉塞している冠動脈に繋いで血流を確保するバイパス手術などを行うことができます。
術後であっても投薬治療は継続していく必要がありますし、頓服薬は必携ですが、深刻な状況に陥ることは少ないと思います。